自動車保険料のしくみ - 日本で一番安い自動車保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車保険料のしくみ

自動車保険料の内訳ってどうなっているかご存知ですか?


毎年払っている保険料も、その仕組みを知っていれば、
より自分にあった自動車保険を選べる可能性が広がります。



自動車保険料はまず2つの要素から成り立っています。

  純保険料
    契約者に保険金を支払うための原資。
  付加保険料
    純保険料以外に、保険会社を運営する為に必要なコスト。


「自分が払っている自動車保険料が、保険金以外にもなっているなんて知らなかった。損した気分だ。」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。


実は、そんな風に考えているあなたに、

自動車保険料を安くする方法をお知らせ致します。


上記で 、付加保険料=「保険金として支払われる以外のお金」ということです。


その内訳はどうでしょうか?

<付加保険料>

   代理店手数料
       代理店が保険会社の代理で保険契約の締結をすることにより支払われる手数料です。
   社費
       広告費、人件費、各地の支店等の物件費などを含む保険会社を運営するためのコストです。
   利潤
       保険会社の利益です。



かつて損害保険業界は金融ビッグバンの流れの一環として保険の自由化を迎えました。


保険の自由化により、以前は主に全国各地にある代理店を通じてしか契約できなかった自動車保険業界にも、インターネットや電話(コールセンター)を通じてより簡単に・手早く契約できるいわゆるダイレクト系(通販を主流チャネルとする)損害保険会社が登場し始めました。


ダイレクト系損害保険会社はインターネットや電話を活用し、

契約者と直接取引をすることにより、従来かかっていた代理店手数料、

人件費や各地の支店等の物件費などの中間コストを抑えることが出来る様になりました。



その結果、一般的にダイレクト系損害保険会社は

自動車保険料を安くすることができるようになったのです。



通販型自動車保険も今や保険会社を選択できるほど

会社数が多くなりました。


見積り一括請求で比較してみましょう。







ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。