無過失の証明 - 日本で一番安い自動車保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無過失の証明

車同士が衝突し、センターラインをはみ出した側の助手席の男性が死亡した事故について、

直進してきた対向車側にも責任があるとして、遺族が対向車側を相手に損害賠償を求めた

訴訟の判決言い渡しが13日、福井地裁でありました。

原島麻由裁判官は「対向車側に過失がないともあるとも認められない」とした上で、

無過失が証明されなければ賠償責任があると定める自動車損害賠償保障法(自賠法)

に基づき「賠償する義務を負う」と認定。対向車側に4千万円余りの損害賠償を命じました。


一般的な感覚では責任の配分が一方的となりそうな事故。

はみ出した車は家族以外が運転していたため任意保険が使えず、

この車に乗り死亡した男性の遺族補償が困難視されたケースだった。

判決は遺族を救済する形となりました。


 原告側の代理人を務めた宮本健治弁護士によると、

自賠法では「人身事故が起これば、自動車同士なら互いに共同不法行為となる。

少しでも過失があるとなれば賠償責任が生じる」という。

一見、「もらい事故」という形でも、無過失の証明ができなければ責任があるという訳です。


 一般的に責任の配分が「10対0」といわれる事故もあるが、

「10」ならすべての責任を負うというイメージだった。“常識”を覆す判決といえます。



どうなんでしょうか?

原告が控訴するかどうかはわかりませんが、4000万円という額は

自賠責保険の限度額であります。


自動車損害賠償保障法という法律が被害者保護の立場に

立っているとはいえ何か疑問に思わざるを得ませんね。


「無過失」の証明といいますが、今回の相手の車は

自分の車線をそのまま直進していただけであって

まさかいきなり相手車がセンターラインをオーバーして来るとは

想像できないのではないでしょうか?


「無過失」が証明できなかったので賠償義務があるとの事ですが

今回の判決が一つの判例になればほとんどの事故で自賠責保険の

支払い義務が発生してくるものと思われます。


支払保険金が多くなれば自賠責保険料はまたまた高くなるんでしょうね。



関連記事
ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。