通販型保険会社の引き受けについて - 日本で一番安い自動車保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通販型保険会社の引き受けについて

これだけTVコマーシャルでメジャーになっても

いまだに、勘違いされている方が多いようですね。


通販型保険会社も代理店型保険会社も

同じく金融庁長官による免許制です。

※参照 通販型保険会社って?


大きな事故や飲酒運転での事故の後

保険を引き受けてくれないのは通販型だから

ではありません。


各保険会社の内務規定による所が多いと思われます。


現在ではむしろ代理店型保険会社のほうが内務規定が厳しく

保険期間内の複数事故や割増物件などの継続契約は

断っているケースが多いようです。


通販型保険会社でもソニー損保では割増等級の保険を

引き受けてくれましたよ。


ちなみに他の書き込みで「飲酒運転」での事故は保障されない・・・

旨の書き込みを見かけましたが


自動車保険制度は自賠責保険と同様に「被害者保護」の立場で

立案されている為被害者に支払われるべき保険金は請求できます。


対人保険、対物保険・・・・つまり被害者に支払うべき保険金は支払われます。


支払われないのは運転者自身が受け取るべき保険金

つまり、車両保険、人身傷害保険・・・・は支払われません。


まあ、セールスの際に「飲酒運転でも保険金出ますから・・・」

っていう営業トークはできませんからね。


通販型のいろんな保険会社を一括見積で請求し比較してみて下さい。






ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。