車両価格設定について - 日本で一番安い自動車保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車両価格設定について

通販型自動車保険に加入する際に

解かりにくいのが「車両保険」の価格設定だと思います。


保険金額は、自由に設定できるわけではありません。

車種や型式や年式などによって一定の幅が決まっており、
その範囲内で設定できるようになっています。


「一定の幅があるけど、好きに決めて良いの?」
と悩まれる方が多いかと思います。

購入後、1年未満の場合は、基本的には「購入時に掛かった金額にする」
というのが保険金額設定の考え方です。

新車購入時は、車両本体とメーカーオプションやカーナビなどの合計金額を目安に設定してください。


自動車の価値は毎年下がっていくため
「購入後の2年目以降はどうすればいいのか?」
と悩まれる方が多いかと思います。



継続契約される場合は1年分の価値の下落分を反映した保険金額で自動的に見積りされます。


他社から切替える場合は、他社の満期案内書に翌年の車両保険金額が
記載されていることがあるので、それを参考にするとよいでしょう。


全く見当がつかないという場合は、中古車サイトで同じ車種や型式などで
同程度の年式の販売価格を参考にするとよいでしょう。


それでも、不安な方は各社のフリーダイヤルで
直接アドバイスを受ければいいんです。

なんの遠慮もいりませんよ。




ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。