通販型自動車保険の誤解 - 日本で一番安い自動車保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通販型自動車保険の誤解

ネット上での「通販型自動車保険」について

「通販は自分で保険内容や特約の適用などを研究し、
自ら保険設計をして、自己責任で加入するものです。」

なんて・・・・

とても素人さんでは加入できないような怖い回答があります。



本当でしょうか?



私自身は元保険の代理店に勤務していましたから

ある程度保険にも詳しく加入は簡単でした。



結局、いま加入している損害保険会社からのりかえる訳ですから

今現在の加入している証券を見ながら同じ内容で「見積り」

をとってみればいい訳です。



解かりにくかったらフリーダイヤルに電話して聞けばいいんです。



「事故対応」に難色を示している方も多いと思います。

保険の代理店って・・・何ができるんでしょうか?

まえの記事にも書いていますが、「顔見て安心する」ならいいのですが

代理店は弁護士ではありませんから、示談代行は弁護士法に違反してできません。



保険会社のアジャスターは示談代行ではなくて

保険金の支払い義務者「事故の当事者」として相手側と折衝できます。



契約の際も、事故の際も電話で済ましている保険代理店もいっぱいありますね。

ただ、電話がちょっと遠いっていうだけのことですよ。


ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。